Fon光は本当にお得なの?本家NURO光と比較してみた

Fon光とNURO光
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で営業マンをしているひかるです。

「Fon光は本当にお得なの?」

2021年にソニーグループが提供するハイスペック光回線「NURO光」のOEMとして、サービス提供を開始した「Fon光」

Fon光はNURO光のOEM商品ですので、通信速度や仕組み、品質はNURO光と全く同じものと考えて問題ありません。

そして、現在Fon光を検討中の方がもっとも気になることは、「Fon光と本家NURO光の料金の違い」だと思います。

本記事では、都内の通信会社で営業として働く筆者が「Fon光はNURO光よりもお得なのか?」について詳しくご紹介します。

>>Fon光の公式HPはこちら

お金の写真

Fon光とは、東京都池袋に本社を構える“フォン・ジャパン株式会社”が提供する超高速光回線サービスです。

「Fon光」はソニーグループが提供するNURO光と全く同じものになりますので、通信速度は上り最大1Gbps、下り最大2Gbpsとかなりハイスペックなサービスです。

ちなみにサービス提供エリアもソニーグループのNURO光と全く同じです。

Fon光の提供エリア
北海道
関東
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、
群馬県、栃木県、茨城県
東海
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西
大阪府、京都府、兵庫県、
滋賀県、奈良県
九州
福岡県、佐賀県

Fon光の月額料金は、戸建て向け・集合住宅向け一律で4,378円(税抜)となります。

Fon光
月額料金 4,378円(税込)
契約期間 2年
初期工事費 実質無料
事務手数料 3,300円(税込)

初期工事費用は実質無料としておりますが、契約期間「30ヶ月」を条件に、工事費無料を適用することができます。

Fon光の最低利用期間は2年間となっておりますが、30ヶ月間継続して利用することで、コストメリットを大きくできます。

Fon光とNURO光を徹底比較!

5G乗り換えの写真

Fon光とNUROの提供料金の違いは、以下の通りです。

Fon光 NURO光
月額料金 4,378円(税込) 5,217円(税込)
通信速度 最大2Gbps 最大2Gbps
標準サービス 無線LAN 無線LAN,セキュリティ
キャッシュバック額 なし 45,000円

まず月額料金は、Fon光の方が本家NURO光よりも839円安いことがわかります。

年換算すると10,068円、4年間で換算すると36,624年の差となります。

しかしながら、本家NURO光ではその代わりに初回キャッシュバック額として45,000円を受け取ることができます。

つまり、あなたがFon光を5年以上契約し続けるなら、Fon光の方がNURO光よりもお得に契約ができる計算になります。

そのため、これから中長期的に通信品質の高い光回線を契約したいなら、まずFon光を契約して損することはないはずです。

Fon光で開催中のお得なキャンペーン

Fon光の写真

現在Fon光では、「初期工事費実質無料キャンペーン」を開催中です。

初期工事費無料キャンペーンを適用する条件として、Fon光を30ヶ月以上契約することがありますが、NURO光と同じ品質の光回線ですので、中長期的にみてコストパフォーマンスが高い光回線です。

ただしFon光の初期工事費用は実質的に無料ですので、あなたが開通して30ヶ月以内に解約してしまうと、残月分の分割払いの工事費を一括で支払う必要があります。

Fon光はNURO光よりもお得!

Fon光の写真

今回は、「Fon光はNURO光よりもお得なのか?」についてご紹介してきました。

結論を申し上げると、Fon光はNURO光よりも月額料金は安いですが、トータルでみると契約者によってお得さが異なります。

Fon光 NURO光
月額料金 4,378円(税込) 5,217円(税込)
通信速度 最大2Gbps 最大2Gbps
標準サービス 無線LAN 無線LAN,セキュリティ
キャッシュバック額 なし 45,000円

本家NURO光では初回キャッシュバック額として45,000円を受け取ることができるので、あなたがもしFon光を5年以上契約し続けるなら、Fon光の方がNURO光よりもお得に契約ができる計算になります。

しかしながら、個人的にFon光の最も不安な点はサポートの品質です。

Fon光はまだサービスをリリースしたばかりということもあり、サポートの品質に懸念が残るのが実情としてあります。

高品質な回線を5年以上利用し続けるかわからないという方は、本家NUROを契約する方が賢明な選択かもしれません。