光回線やプロバイダを二重契約にしてない?【知らないと損する】

光回線の二重契約の写真
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で営業マンをしているひかるです。

ご自宅でインターネットを利用するためには、基本的に光回線の契約が必要です。

しかし、光回線を契約している方の中には、誤って光回線やプロバイダを二重契約してしまい、気付かないうちに無駄なお金を支払ってしまっていたなんてこともあります。

長期間気付かずに二重契約していると、積もり積もって高額な費用になってしまうので、できる限り二重契約は避けるべきです。

本記事では、都内の通信会社で営業として働く筆者が「光回線とプロバイダの関係性や二重契約を確認する方法」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

光回線とプロバイダの写真

まずみなさんが理解してそうで実は理解していない「光回線」「プロバイダ」の役割について簡単にご説明します。

光回線とプロバイダの役割

光回線
インターネットを利用するための回線

プロバイダ
=利用者がインターネットを利用するために必要な接続サービス

光回線はインターネット回線そのものとしての役割を持ち、プロバイダは利用者がPCやスマホなどで実際にインターネット接続するために仲介をする役割を持ちます。

光回線だけを契約してもインターネットは利用できませんし、プロバイダだけを契約してもインターネットは利用できません。

つまり、ご自宅で快適にインターネットを利用するためには、必ず「光回線」「プロバイダ」を両方契約する必要があります。

みなさんも聞き馴染みがある「ソフトバンク光」「ドコモ光」などの光コラボ回線は基本的にNTT東西のフレッツ光回線と各社のプロバイダがセットで提供されています。

そのため、○○光などの光コラボを契約している方は、光回線とプロバイダについて理解できていなかったかもしれません。

逆にフレッツ光回線とプロバイダを別々に契約している方であれば、この構造が理解できているかもしれません。

光回線やプロバイダの二重契約を確認する方法

請求書の写真

光回線やプロバイダの二重契約を確認する方法は、とても簡単であなたのお住まいに毎月届く“請求書を確認するだけ”です。

特にあなたが心当たりのない、契約した覚えのない光回線事業者から毎月請求書が届いている場合は注意が必要です。

最近は光回線とプロバイダがセットになった光コラボや通信速度が速いNURO光のような光回線の契約が主流ですので、基本的に請求書が1つにまとまってくることが多いです。

フレッツ光とプロバイダを別々に契約している場合は、請求書が2つ届きます。

フレッツ光とプロバイダを別々に契約している方は、転用などの手続きでセット契約した方がお得になりますので、お早めに光コラボに契約を切り替えることを推奨します。

まずは毎月届く請求書を確認し、現在の光回線の契約状況を確認しましょう。

光回線・プロバイダを誤って二重契約してしまうパターン

注意の写真

光回線・プロバイダを誤って二重契約してしまうパターンは、主に以下の通りです。

二重契約してしまうパターン
・悪質な営業に引っかかった
・光回線を乗り換えた
・引っ越しによる解約忘れ

それぞれ解説していきます。

悪質な営業に引っかかった

まず悪質な光回線の営業に引っかかってしまい、知らぬ間に余計な光回線やプロバイダを契約してしまったパターンです。

これまでにあなたのご自宅によく光回線の営業電話や営業訪問がきませんでしたか?

基本的に突然光回線の営業をしてくる業者とは付き合わない方がいいですが、万が一付き合ってしまった場合は、まずは不正な請求がないかを確認してみましょう。

光回線やプロバイダの請求だけではなく、不要なオプションサービスを契約していないかも確認するようにしましょう。

うざい電話営業の写真

うざい光回線の営業を断るコツを紹介!(無料対応マニュアル)

2020年8月9日

光回線を乗り換えた

最近は光コラボ回線事業者が増えてきたこともあり、お得な月額料金やお得なキャンペーンに惹かれて、気軽に光回線を乗り換える方が増えています。

光回線を乗り換える際に前に契約していた光回線もしくはプロバイダの解約手続きを忘れてしまうことはよくあることです。

必ず新しい光回線事業者に乗り換える際には、それまで契約していた光回線事業者で光回線の解約手続きをしましょう。

引っ越しによる解約忘れ

引っ越しはいつも以上にやるべきことが多いので、ついつい光回線など通信サービスの契約周りのことを後回しにしがちです。

そして引っ越し先で新しい光回線の契約をしたはいいものの、引っ越し前の住居の光回線の契約の存在をを忘れてしまいます。

twitterなどをみていても、引っ越しに伴って過去に光回線やプロバイダの解約手続きを忘れてしまった方は散見されます。

光回線やプロバイダの二重契約を防ぐ方法

お金の写真

光回線やプロバイダの二重契約を防ぐ最も効果的な方法は、はじめから「光コラボ」を契約しておくことです。

光回線やプロバイダの二重契約で最も多いのが、もともと光回線とプロバイダを別々に契約しているケースです。

そもそも別々に契約していることで、支払いは煩雑になりますし、光回線の乗り換えや引っ越し時に迷走しやすくなります。

はじめから光コラボを契約することで、毎月の料金はお得になりますし、何より光回線の契約が管理しやすくなります。

そのため、今後光回線・プロバイダの二重契約をしたくない方は、必ずはじめから光コラボの契約、もしくは1つの事業者が光回線とプロバイダをセットで提供している光回線(例: NURO光)を契約しましょう。

光回線の速度ランキング

光回線の通信速度比較ランキング!【通信のプロがTOP5厳選】

2020年10月15日

光回線・プロバイダの二重契約は本当にもったいない!

費用の写真

今回は、「光回線とプロバイダの関係性や二重契約を確認する方法」について詳しくご紹介してきました。

「もしかすると自分は光回線やプロバイダを二重契約しているかもしれない」と感じる方は、まず毎月届く請求書などを確認して、現在の契約状況を確認しましょう。

光回線やプロバイダの二重契約に気付かずに放置している状態が一番危険ですし、何よりあなたの貴重なお金を失ってしまいます。

光回線やプロバイダの毎月の費用は数千円ほどで収まりますが、1年間・数年間と時間が経つにつれて徐々に高額になっていきます。

今後絶対に光回線やプロバイダの二重契約を避けたい方は、請求が一つにまとまった光コラボなどの契約をするようにしましょう。

あなたの大切なお金を守るために、まずはできることからやっていきましょう!