光回線が強制解約になる原因は?すばやく復旧する方法も伝授!

光回線の強制解約の写真
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で働くTOP営業マンのひかるです。

「光回線が強制解約になる原因は?」「強制解約になった光回線を復旧するためには、どうすればいいの?」

あなたは過去に光回線が強制解約になった経験はないでしょうか?

結論から申し上げると、光回線が強制解約になる主な原因として、光回線の料金の支払いができていないことが挙げられます。

そのため、光回線の支払いをクレジットカード払いや口座振替をしていないと、誰にでも起きうることではないかと思います。

とはいえ、自宅のインターネットは普段の生活には欠かせない重要な基盤となりますので、できる限りインターネット環境を復旧したいところだと思います。

本記事では、都内の通信会社で働く筆者が「光回線が強制解約になる原因と強制解約をすばやく復旧する方法ついてどこよりもわかりやすくご紹介します。

光回線が強制解約になる原因は?

光回線申し込みの写真

まず光回線が強制解約になる主な原因として、「光回線の料金の未払いや滞納」が考えられます。

光回線の支払いを都度コンビニ払いにしていると、他の郵便物に紛れてしまったり、紛失してしまったりして、光回線の料金の未払いや滞納が発生しやすいです。

そのため、光回線を契約する際にはできるだけクレジットカード払いや口座振替などで登録して「漏れなく支払いができる仕組みづくり」が大切になります。

また光回線が解約になると、ひかり電話やひかりTVなどのオプションも解約になってしまい、インターネット以外の他のサービスも使えなくなる可能性があります。

インターネットの利用停止時期はいつごろ?

光回線の料金未払い・滞納がに発生してしまうと、その時点でインターネットの利用自体ができなくなります。

一般的には光回線の料金の未払いや滞納が発生して、約1〜2ヶ月後にインターネットの利用が停止になるケースが多いです。

光回線の料金の未払いや滞納が発生した翌月や翌々月にはインターネットが利用できなくなるため、なるべく料金の未払いや滞納が発生しないように心がけましょう。

そして、インターネットの利用停止が発生した翌月に強制解約の扱いになります。

最近はどの企業においても在宅勤務やテレワークなども増加していることから、できる限り自宅のインターネットが止まってしまう状況は避けたいところです。

まず光回線の強制解約の内容を確認すべし

速度が遅くなる原因の写真

光回線の強制解約には、主に以下2つのパターンが考えられます。

そのためインターネットの利用停止が発生した場合は、まずは光回線の強制解約の内容を確認するようにしましょう。

・プロバイダのみの強制解約
・回線とプロバイダ両方の強制解約

それぞれ解説していきます。

プロバイダのみの強制解約

まずは回線料金の支払いはできているけれども、プロバイダ料金のみが支払えていないパターンです。

NTT東西の「フレッツ光」料金の支払いはできているけれども、実際にインターネットに接続するために必要な「プロバイダ」料金の支払いができていない状態です。

こういった状況を防ぐためには、フレッツ光とプロバイダーの料金が一体になった「光コラボ回線」を契約し、支払いをクレジットカードもしくは口座振替にすることで支払い漏れがなくなるはずです。

光コラボ回線の代表的なサービスとして、「ソフトバンク光」「ドコモ光」「OCN光」などが挙げられます。

ソフトバンク光の評判

悪い評判は間違い!ソフトバンク光を契約するメリットを紹介!

2020年9月8日
ドコモ光口コミの写真

ドコモ光の口コミは?契約前に読んでほしい評判まとめ!

2020年10月5日
OCN光の口コミ評判

OCN光の口コミや評判は?契約前に知るべき3つのメリット

2020年10月6日

回線とプロバイダ両方の強制解約

次に回線とプロバイダ両方の支払いが漏れているパターンです。

光コラボ回線に契約していたとしても、支払いがコンビニ払いになっている場合にこういった状況が起きやすいです。

プロバイダのみの強制解約よりも回線とプロバイダ両方の強制解約が厄介なので、できれば避けておきたい状況です。

プロバイダのみの強制解約であれば、復旧は早い!

解約金の写真

プロバイダのみの強制解約であれば、インターネット利用までの復旧は早いです。

プロバイダのみの強制解約の場合は、NTT東西のフレッツ光回線自体は生きているので、インターネット利用再開まではそこまで時間はかかりません。

・プロバイダを再契約する
・他社のプロバイダを契約する

プロバイダのみの強制解約であれば、今まで契約していたプロバイダを再契約するか、他社のプロバイダを新たに契約するかで対処することができます。

今まで契約していたプロバイダの月額料金が高い場合は、他社のプロバイダの契約を検討することで、「月額料金の見直しの機会」にも繋がります。

ちなみにプロバイダを契約する場合は、申し込みからインターネットを利用できるまでに約1週間ほどの時間がかかります。

回線とプロバイダの強制解約の場合は、光回線乗り換えも検討すべき!

インターネットの写真

回線とプロバイダの両方の強制解約であれば、復旧までにとても時間がかかります。

なぜなら、フレッツの光ファイバー自体が切断されているので、再び開通工事から必要になってしまうからです。

さらに不幸なことに、回線とプロバイダの両方が強制解約の状態になると、高額な違約金が発生してしまいます。

そのため、高額の違約金を支払い、改めて工事費を支払う必要があるなら、他社の光回線に乗り換える方法を推奨します。

他社光回線に乗り換えるのであれば、工事費無料キャンペーンを活用すべきです。

数ある光回線の中でも特に「auひかり」は、強制解約になってしまった光回線の解約違約金だけでなく、auひかりの初期工事費用の負担までしてくれます。

強制解約になってしまった方がまず契約したい光回線が「auひかり」です。

新しい光回線の契約先の「auひかり」では再び強制解約にならないように、クレジットカード払いや口座振替などで支払い漏れが発生しない状況を作りましょう。