全国のインターネット普及率は?日本全国で人気の光回線も紹介!

光回線普及率の写真
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で働くTOP営業マンのひかるです。

2020年5月29日に総務省が発表した「通信利用動向調査」によると、日本全国のインターネット利用者の割合は89.8%です。

特に年々6歳〜12歳と60歳以上の年齢層でのインターネット利用割合が大きくなり、(幅広い年齢層で利用者が増えてきており、)ますます現代はインターネットと切り離すことができない時代に突入しています。

また、昨今の新型コロナ感染拡大の影響でスマホだけでなく、家庭用インターネット回線(光回線)での安定したインターネット接続の需要も高まってきています。

本記事では、通信会社でTOP営業マンとして働く筆者が「全国のインターネット普及率と日本全国で人気の光回線」についてわかりやすく解説していきます。

全国で人気の光回線は?
  1. フレッツ光  加入数2,300万回線
  2. ソフトバンク光  SBユーザがお得!
  3. auひかり  auユーザがお得!
  4. ドコモ光  ドコモユーザがお得!
  5. NURO光  ソニーの超高速回線
日本全国の写真

2021年1月29日時点で、日本全国のインターネット普及率は「89.8%」です。

年齢階層別インターネット利用状況の写真

上記の「インターネット利用」とは、6歳以上で過去1年間にパソコンやスマホなどあらゆる端末でインターネットにアクセスしたデータを年齢別に表しています。

年々6歳〜12歳と60歳以上の年齢層でのインターネット利用割合が大きくなり、まんべんなく幅広い年齢層でインターネット利用する人が増えていることがわかります。

また近年は動画配信サービスやオンラインゲームなどの普及が追い風となり、自宅で安定してインターネットに接続できる光回線・高速回線を利用者も増えています。

以上のデータから、今後ますます私たちの生活では、インターネットが重要な役割を果たしていくことがわかります。

日本全国に急速にインターネットが普及した理由

インターネット普及の写真

日本にはじめてインターネットが誕生したのは“1984年”のことです。

しかし、当時は一般人が気軽に利用できるインターネットはなく、一部の教育機関である大学同士の通信を結ぶところからインターネット利用は始まりました。

では、なぜこれほどまでに全国にインターネットは急速に普及したのでしょうか?

通信端末と通信費の低価格化

日本全国にインターネットが急速に普及した最大の理由は、”通信端末”と”通信費”の低価格化が進んだからです。

インターネットが誕生した当時は、電話回線を活用したインターネット接続しかなかったため、接続できる端末・通信速度・送受信できるデータ量に制限がありました。

そのため、通信端末や通信費が高くなる傾向にあり、通信サービスは一部の消費者しか保有できないものでした。

例えば、今から約30年前は現代のスマホである「ショルダーフォン」があり、新規加入料金8万円、月額料金2万6,000円という超高額なサービスが存在していました。

もちろん、ショルダーフォンでインターネットは使えず、電話のみの用途でこれだけ高い費用を払う必要がありました。

そこからパソコンの性能向上と低価格化、光回線の誕生など通信機械や技術の進歩によって、日本全国にインターネットが普及するようになりました。

日本全国の光回線普及率は?

光回線の普及率の写真

2021年1月29日時点で、日本全国の光回線加入者数は約3,307万人で日本国民の約4人に1人が光回線に加入している計算になります(株式会社MM総研)。

光回線の加入者数も年々増加傾向にあり、伸び率は年々2〜4%で推移しています。

光回線のうち42.0%はコラボ光で、NTTドコモとソフトバンクの携帯2キャリアだけで全体の7割以上を占めます。

また昨今の動画やオンラインゲームなどの大容量リッチコンテンツの利用増加に伴い、ソニーグループが提供する「NURO光」などの高速インターネット回線の加入者が拡大してきています。

在宅勤務の写真

在宅勤務・テレワークに最適な光回線は?プロがTOP5を厳選!

2020年8月4日

日本全国で普及率No.1の光回線は?

光回線の写真

日本全国で最も人気がある光回線は、NTT東西の「フレッツ光」です。

フレッツ光は光回線の誕生時から全国にサービスを提供してきました。

日本全国の光回線加入者のうち約7割以上がNTTのフレッツ光に契約しており(※コラボ光含む)、2021年時点で加入者数は約2,300万回線にも及びます。

また、2015年に光コラボサービスが誕生し、多くのプロバイダー事業者、販売代理店がフレッツ光と自社のプロバイダーをセットで販売するようになり、更にフレッツ光の利用者が拡大しました。

ソフトバンク光やドコモ光、楽天ひかりなどが光コラボサービスに該当します。

光回線を契約して、インターネットを快適に楽しもう!

インターネット回線の写真

今回は、「全国のインターネット普及率と日本全国で人気の光回線」について詳しく解説してきました。

2020年5月29日に総務省が発表した通信利用動向調査によると、日本全国のインターネット利用者の割合は89.8%です。

特に年々6歳〜12歳と60歳以上の年齢層でのインターネット利用割合が大きくなり、(幅広い年齢層で利用者が増えてきており、)ますます現代はインターネットと切り離すことができない時代に突入しました。

また、昨今の新型コロナ感染拡大の影響でスマホだけでなく、家庭用インターネット回線(光回線)での安定したインターネット接続の需要も高まってきています。

光回線は光ファイバーを自宅に引き込んで利用するインターネットのため、インターネットが途中で切れたりせず、回線速度が安定しているのが1番の特徴です。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大、テレワーク推進、働き方改革などの時流により、インターネットは私たちの生活には欠かせないツールになりました。

せっかく便利な時代に生きているので、品質の高い光回線を契約し、快適なインターネット生活を過ごしていきましょう。

全国で人気の光回線は?
  1. フレッツ光  加入数2,300万回線
  2. ソフトバンク光  SBユーザがお得!
  3. auひかり  auユーザがお得!
  4. ドコモ光  ドコモユーザがお得!
  5. NURO光  ソニーの超高速回線