海外移住時は日本のスマホを解約すべき?結論、残してもOK

海外移住時の日本のスマホ
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で営業マンをしているひかるです。

「海外に移住する時は日本のスマホ契約はどうしたらいいんだろう?」

これから海外移住をする方なら、このような悩みを抱えているかもしれません。

さきに結論から申し上げると、基本的なスタンス(考え方)としては、海外移住時には”日本のスマホは解約すべき”です。

なぜなら、あなた自身は海外に住んでいるにも関わらず、日本の通信サービスを利用していないにも関わらず、毎月余計な固定費(通信費)がかかってしまうからです。

しかしながら、たとえ海外移住をしたとしても、人によっては日本に一時的に帰国することも多いため、日本の電話番号は持っておきたいと考えるかもしれません。

そんな時はどう対処すべきでしょうか?

本記事では、都内の通信会社で営業として働く筆者が「海外移住時は日本のスマホを解約すべき?契約を残してもOKな理由」についてどこよりも詳しくご紹介します。

今後海外に住みつつ日本の携帯電話番号を保有したい方は、まずは海外にいても実質的に月額費用がかからない「楽天モバイル」を契約すべきです。

>>楽天モバイルの公式HPはこちら

ポケットモバイルの評判が悪いの写真

まずはじめに結論から申し上げると、基本的に海外移住時には日本のスマホは解約すべきです。(ここで言う日本のスマホとは、日本の通信サービスのことを指します。)

なぜなら、あなたが海外に住むことで実質的に日本の通信サービスを利用することができなくなる(そもそも日本からの電波が届かなくなる)からです。

日本の通信サービスを受けることができないのに、毎月海外から固定費(通信費)を払い続けるのは正直”もったいない”だけです。

大手通信キャリアでは海外でも通信サービスを利用できる“海外ローミングサービス”を提供していますが、通信料金が高額になる可能性が高いのであまり推奨しません。

「海外ローミングサービスが高額になる理由」は、こちらで詳しく解説しています。

海外でスマホの高額請求を防ぐ

海外でスマホの高額請求を防ぐ方法【結論、楽天モバイル】

2021年4月17日

とはいえ、海外に住んだとしても、頻繁に日本には帰国する予定で「どうしても日本のスマホの契約を残したい」方は、必要経費として格安SIM・スマホを契約して、日本の電話番号を残すこともあります。

しかし、いくら格安SIM・格安スマホと言っても余計な固定費はかかってしまうので、できればこのコストは抑えたいと考えるのが一般的な考え方だと思います。

海外移住しつつ最小限のコストで“日本の携帯電話の番号を残す方法”については、のちほど詳しく説明していきます。

日本のスマホ解約後もSIMフリー端末なら海外で使える

大手キャリア5G開始時期の写真

海外移住時に日本のスマホを解約しても、あなたが保有するスマホが“SIMフリースマホ”の場合、海外でもそのまま使えます。

なぜなら、SIMフリースマホはその名の通り、通信キャリアに縛られることなく、お好みのSIMカードを差し替えながら利用することができるスマホ端末のことだからです。

日本でも普段から格安SIMや格安スマホを活用している方ならよく知っているはず。

海外現地の通信キャリアが提供するSIMカードを契約することで、あなたは日本から持ち込んだスマホで問題なくインターネットを使ったり電話をすることができます。

もしあなたが保有するスマホがSIMフリーでない場合は、日本で契約していた通信キャリアのショップに足を運んで、SIMロックを解除してもらえないか依頼しましょう。

もともとSIMロックは通信キャリアが契約者からの通信料を取りこぼさないために独自に定めたルールです。よっぽどのことがない限りは、あなたのスマホはSIMフリーにすることができるはずです。

>>SIMロック解除とは?

またもしあなたが保有しているスマホが古い場合には、海外移住を機に新たにSIMフリースマホを購入するのもいいでしょう。

現在は楽天市場やAmazonでSIMフリースマホ端末だけを販売しているので、ネットショッピングなどを活用して、お得に“SIMフリースマホ”を手に入れましょう。

ちなみに都内の通信企業で働く筆者が今最も推奨するスマホ端末はこちらです。

【必見】楽天モバイルなら、日本のスマホ契約を残してもOK

楽天モバイルの写真

「海外移住するけど、日本の携帯番号は残したい。でも固定費はかけたくない。」

こんなわがままな思考をお持ちの方は、まずは大手通信キャリアの一つである「楽天モバイル」の契約を検討しましょう。

楽天モバイルに契約することで、あなたのそんなわがままを叶えることができます。

楽天モバイル UN-LIMIT VI
月額料金 *2,980円(税抜)
データ容量(国内) 無制限(楽天回線)
データ容量(海外) 2GBまで無料
通話料(国内/海外) アプリ利用で無料
SMS(国内/海外) 無料
提供エリア 楽天4G&5G

(*1GBまで無料、1〜3GBまで980円、3〜20GBまで1,980円/月)

楽天モバイルなら、海外でも月2GBまでのデータ通信を無料で利用できます。

もし海外でデータ容量の追加が必要な場合は、以下の追加料金を支払うことでサービスを利用することもできます。

追加データ容量 月額料金
1GB 500円(税抜)
2GB 1,000円(税抜)
3GB 1,500円(税抜)
4GB 2,000円(税抜)
5GB 2,500円(税抜)

ご覧の通り、楽天モバイルを契約していれば、一切の固定費をかけることなく(※データ容量2GBまで)、海外に住みながら日本のスマホ契約を残すことができるのです。

また楽天モバイルの専用アプリである楽天Linkアプリを使えば、海外から日本への通話も全て無料でかけ放題にできます。

極論にはなりますが、楽天モバイルならあなたが海外に行くたびにわざわざ現地のプリペイドSIMを購入したり、ポケットWi-Fiを契約する必要も一切ありません。

楽天モバイルの注意書き

(※楽天モバイル公式HPより抜粋)

しかし、楽天モバイル側で一定期間(6ヶ月間)サービス利用が確認できない場合にはサービスが自動解約になりますので、海外在住者は時々データ容量月2GBの範囲内で楽天モバイルを利用しましょう。

楽天モバイルさえ契約していれば、できるだけ固定費をかけずに、日本の携帯電話番号を保有し続けることができます。

これほど海外在住の多くの日本人に寄り添った大手通信キャリアは、今後も簡単には見つからないことでしょう。

>>今すぐ楽天モバイルを申し込む

海外でスマホを使うなら、セキュリティ対策もしよう!

VPNサービス

今後海外でスマホを使うなら、十分にセキュリティ対策をすることを推奨します。

なぜなら、海外で無防備にスマホを使っていると、悪質な第三者によってあなたのスマホに不正アクセスされ、あなたの大切な情報を失う可能性があるからです。

海外で安全にスマホやPCを使うなら、“普段からVPN経由でインターネットに接続すること”がとても効果的です。

VPNとは、「Virtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)の略で、どこからでも安全なインターネット接続ができるネットワークサービス」のことです。

インターネット上に仮装の専用線を設定し、”特定の人だけが利用できる専用のネットワーク”を作るイメージとなります。

「セカイVPN」とは、老舗プロバイダー企業である株式会社インターリンクが提供する「どこからでも安全にインターネットサービスを利用できるVPNサービス」です。

セカイVPN
月額料金 1,100円(税込)
VPN接続国 日本/アメリカ/ドイツ/台湾/韓国/香港/フランス/タイ/インドネシア/ベトナム/イギリス
接続方式 PPTP/L2TP/OpenVPN/IKEv2
同時接続 3台
対応デバイス Windows/macOS/iOS/Android

月額料金は1,100円(税込)かかりますが、そのコストを上回る「サービスの品質の高さ」「利便性の高さ」が多くの海外在住日本人から高い評価を得ています。

たった毎月1,100円(税込)で大切な情報や資産を守ることができるので、何も対策をせずに突然にスマホの情報を全て失うくらいなら、絶対に契約した方がお得です。

ちなみに海外からセカイVPNを経由し視聴できる動画配信サービスは以下の通り。

動画配信サービス 視聴可否
プライムビデオ
TVer
U-Next
Netflix ×
Hulu ×
DAZN ×
FODプレミアム
AbemaTV
auビデオパス
NHKオンデマンド
dTV
GYAO!

日本国内限定の動画配信サービスやアプリサービスを利用するためには、セカイVPNのサーバーを経由し、インターネットに接続する必要があります。

あなたが海外で「安全にインターネットを使いたい。」「日本の動画配信サービスを楽しみたい。」と考えているなら、まず契約すべきVPNが「セカイVPN」です。

セカイVPNは、「最大2ヶ月無料」・「最低利用期間なし」・「解約違約金なし」ですので、短期間お試しで使ってみたい方にとっても最適なVPNサービスです。

>>セカイVPNで2ヶ月無料体験する

まずは海外移住に便利な楽天モバイルを検討しよう!

楽天モバイルの写真

今回は、「海外移住時は日本のスマホを解約すべき?契約を残してもOKな理由」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

あなたがこれから海外移住するなら、まずは余計な固定費をかけないために、日本で契約しているスマホを解約しましょう。

あなたの保有するスマホがSIMフリーに対応していれば、海外現地キャリアのSIMカードを契約することで、問題なく海外でも通信サービスを利用することができます。

しかしながら、あなたは今後海外で暮らしつつも「日本の携帯電話番号を持っておきたい!」と考えるかもしれません。

そんな時はほぼ固定費なしで日本の携帯電話番号を持てるスマホとして、まずは「楽天モバイル」の契約を検討しましょう。

楽天モバイル UN-LIMIT VI
月額料金 *2,980円(税抜)
データ容量(国内) 無制限(楽天回線)
データ容量(海外) 2GBまで無料
通話料(国内/海外) アプリ利用で無料
SMS(国内/海外) 無料
提供エリア 楽天4G&5G

(*1GBまで無料、1〜3GBまで980円、3〜20GBまで1,980円/月)

日本国内では月額0円で楽天モバイルを契約しつつも、移住先の海外現地の通信キャリアに契約する“組み合わせの契約”が最も良いアプローチだと考えています。

楽天モバイルは最低利用期間や解約違約金が一切ないので、万が一サービスが合わないと感じたら、いつでも他社スマホに負担なく乗り換えることもできます。