楽天モバイルの5Gはいつから始まる?今後のロードマップも共有

楽天モバイル5Gの写真
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で働くTOP営業マンのひかるです。

2020年春にNTTドコモ・ソフトバンク・KDDIの大手通信キャリア3社は「5G」サービスの提供を開始しました。

遅れること半年、2020年9月に新たに大手通信キャリアに参入した楽天モバイルが「5G」サービスの提供を開始しました。

もともと格安スマホ・SIMサービスで知名度が高い楽天モバイルに対して、世間の印象として「楽天モバイルも5Gをはじめるの?」という疑問を抱いたかもしれません。

楽天の三木谷会長は、日本の「携帯料金値下げ改革」を推進する菅首相の後押しをしており、“通信業界に風穴を開ける経営者”として、日本中から再注目されています。

>>讀賣新聞オンライン「【独自】携帯料金下げる余地ある・・楽天三木谷氏」

とはいえ、楽天モバイルは大手通信キャリアに参入したばかりということもあり、5Gサービスの提供エリアについては、現状はまだまだ拡大できていない状態です。

5Gの提供状況については、楽天モバイル含め大手通信キャリア3社もほぼ同列です。

「地方を含めた日本全国で5Gを使えるようになる時期」については、こちら記事でもわかりやすく解説しております。

5G地方利用の写真

いつから地方で5Gサービスを使えるの?首都圏から順次拡大

2020年11月9日

本記事では、都内の通信会社で営業として働く筆者が「楽天モバイルで5Gを使える時期と今後の楽天モバイルのロードマップ」についてわかりやすく解説いたします。

現在楽天モバイルで5Gの契約をご検討中の方は、契約前にぜひお読みください。

>>楽天モバイルの公式HPはこちら

楽天モバイルの5Gサービスは、2020年の9月30日にサービス提供を開始しました。

当初は2020年夏頃にサービスリリースを予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、提供開始時期が3ヶ月ほど遅れてのスタートとなりました。

楽天モバイル UN-LIMIT VI
月額料金 *2,980円
データ容量 無制限(楽天回線)
通話料 アプリ利用で無料
提供エリア 楽天4G&5G

(*1GBまで無料、1〜3GBまで980円、3〜20GBまで1,980円/月)

世間も大注目していた楽天モバイル5Gの提供価格は、従来提供の4Gサービスと変わらず”1プラン月額2,980円”です。

楽天の三木谷会長は、大手メディアのインタービューに対し、今後も1プラン月額2,980円の料金を貫き通す姿勢を見せています。

2021年1月29日楽天モバイルによって、「データ通信1GBまでは無料、1〜3GBまでは980円、3〜20GBまでは1,980円、20GB〜2,980円」という新しい従量課金の料金プランが発表されました。

楽天モバイルが5Gの提供料金を発表した後に、他の大手キャリア3社は従来の大容量プランの新しい料金プランを発表するなど、ついに価格競争が始まりだしました。

このことから、楽天モバイルはすでに”通信業界に風穴をあける存在”になっていることは間違いないと言えるでしょう。

従来より楽天モバイルが提供している格安スマホ・SIMに関しては、楽天モバイルから「楽天モバイル自社回線の4G・5Gサービスへの移行」の案内が届いています。

「楽天モバイル自社回線への移行」に関しては、楽天モバイルの公式HPより簡単に移行手続きを進めることができます。

>>楽天モバイル自社回線移行はこちら

楽天モバイルの5G提供エリアはまだ狭い

日本全国エリアの写真

現状楽天モバイルの5Gサービスの提供エリアは、ごく一部のエリアのみです。

●対応エリア
東京都、埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府、北海道、兵庫県の一部エリア
※具体的な提供エリア確認は、こちら

楽天モバイルの5G提供エリアは、日々順次拡大をしておりますが、現在のところ(2021年2月10日時点)では、上記エリアのみにとどまっている状況です。

そのため、現在楽天モバイルの5G提供エリア外にお住まいの方は、楽天モバイルの5G契約は時期尚早だと思います。

4Gサービスの場合は、楽天回線エリア外でパートナー(KDDI)回線を利用することができます。5Gサービスの場合は、楽天回線エリア内のみ利用可能です。

今後の楽天モバイルの5G展開について

楽天モバイルの5Gの写真

楽天モバイルの発表によると、楽天モバイルの5G提供エリアは「2021年12月までに人口カバー率70%を目指す」計画があります。

(ちなみに楽天モバイルの4Gサービスの提供エリアは、「2021年夏までに人口カバー率96%を目指す」計画があります。)

もちろん、5Gが利用できるようになるまでは“アンテナの設置交渉〜アンテナの設置”までと長い道のりですので、多少スケジュールには前後が生じると思います。

ちなみに日本の大手キャリア4社が発表しているエリア拡大予定は、以下の通りです。

各社5Gのエリア拡大予定
NTTドコモ
2021年3月までに全国500都市に拡大
ソフトバンク
2021年12月までに人口カバー率90%
KDDI
2021年3月までに全国500都市に拡大
楽天モバイル
2021年12月までに人口カバー率70%

各社のロードマップによると、2021年12月末までに日本全国に5Gサービスをほぼ普及させるような予定で動いています。

大手通信キャリア各社は競うようにして5G提供エリア拡大を進めており、楽天モバイルも予定通りいけば、2021年12月ごろにはほとんどの地域で5Gが利用できるはずです。

現在iPhoneユーザーで「iPhoneのまま楽天モバイルに乗り換えたい」という方は、こちらの記事もご確認ください。

楽天モバイルの写真

楽天モバイルでiPhoneは使えない?対応状況や注意点!

2020年11月6日

来たる5Gに備えて、いつ楽天モバイルに乗り換えるべき?

楽天モバイルの写真

今回は、「楽天モバイルで5Gはいつから使えるの?今後の楽天モバイルのロードマップ」について解説してきました。

楽天モバイルの発表によると、2021年12月には楽天モバイルの5Gサービスが日本全国のほとんど(人口カバー率70%)の地域で利用できる予定です。

楽天モバイル UN-LIMIT VI
月額料金 *2,980円
データ容量 無制限(楽天回線)
通話料 アプリ利用で無料
提供エリア 楽天4G&5G

(*1GBまで無料、1〜3GBまで980円、3〜20GBまで1,980円/月)

そのため、現在楽天モバイルの5Gを検討中の方は、”2021年12月以降”に楽天モバイルで5Gを契約することを推奨します。

楽天モバイルで5Gサービスを利用するためには、5Gに対応したスマホ端末を別途購入する必要があります。

楽天モバイルの4Gはすでに利用することができますので、先行して楽天モバイル(4G)に乗り換えておくと、毎月のスマホ代が削減できお得になることまちがいなしです。