「もうスマホ代が払えない」人がまず取るべき3つの行動

スマホ代が払えない
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で営業マンをしているひかるです。

「来月のスマホ代が払えない。」

生活に困窮している方の中には、このような悩みを抱える方がいらっしゃるはず。

スマホ代が払えないと、あなたの「通信手段は一切なくなる」ということなので、一気に社会的信用を失ってしまいます。

そのため、できる限りスマホ代を払えない状況は避けなければなりません。

またスマホ代が高くて払えないという方は、「安くてお得なスマホに乗り換えるためのチャンス」でもあります。

本記事では、都内の通信会社で営業として働く筆者が「スマホ代が払えない時にまず取るべき3つの行動」についてどこよりもわかりやすくご紹介します。

ちなみに大手通信キャリアの楽天モバイルなら、あなたが月内にデータ通信を一切使わなければ、毎月の請求額を0円にすることができます。

>>スマホ業界最安値なら、楽天モバイル

スマホ代が払えない主な原因

スマホ代が払えない写真

スマホ代が払えない原因として、「生活費が足りていないこと」があげられます。

リストラや転職活動中、単にお金に使いすぎなど、人によって様々な背景があると思いますが、結局のところ生活費が全く足りていないということになります。

まずは生活費が足りていない状況を避けるべきですが、万が一スマホ代が払えない状況になった時は、諦めずにどうにかして工面できる方法はないかを考えましょう。

光熱費よりも先にスマホ代を払うべき理由

現代においては、光熱費よりもスマホ代の支払いを優先すべきです。

なぜなら、光熱費は料金を滞納しても再開するまでに時間的な余裕がありますが、スマホは時間的な余裕がないからです。

またライフラインとしても、電気が使えない状況よりもスマホが使えない状況の方が現代においては危ない状況です。

あなたが家族や友人に連絡できる手段は、最後まで確保しておくべきです。

以上の理由から、あなたが光熱費とスマホ代の支払いどちらかを済ませなければいけない場面では、まずは”スマホの支払い”を優先するようにしましょう。

あなたがスマホ代が払えないとヤバい本当の理由!

銀行の写真

あなたがスマホ代が払えないとヤバい最大の理由は、あなたの「社会的な信用」が一気に落ちるからです。

スマホ代が払えないということは、あなたが電話やメール、SNSなどで誰とも連絡ができない状況に陥ることを意味します。

家族や友人、職場の方々などからスマホ代すら払うことができない「社会的に信用できない人」というレッテルを貼られ、自然と人が離れてしまいます。

それだけでなく、スマホ代を一度でも滞納してしまうと、個人信用情報機関に「スマホ代が払えなかった=社会的信用が低い」旨をデータとして掲載されます。

あなたの将来の住宅ローンや教育ローンにも響き、スマホだけでない今後の他の契約にも悪影響を与えてしまいます。

また個人信用情報機関が保有する情報は、大手通信キャリアにも情報が共有されていますので、次に新しくスマホを契約することさえ難しくなってしまいます。

つまり、一度あなたがスマホ代を支払えない状況になると、自分の意思に関わらず、強制的に今後の通信手段を断たれてしまう可能性が高まることを意味します。

そのため、スマホ代を支払えない状況というのは、必ず避けるべきことなのです。

>>楽天モバイルでスマホ代0円を目指す

スマホ代が払えない時にまず取るべき3つの行動

スマホ代が払えない写真

スマホ代が払えない時にまず取るべき行動は、以下の3つがあります。

スマホ代が払えない時の行動
・誰かに立て替えてもらう
・極限までスマホ代を安くする
・自主的にスマホを解約する

それぞれ解説していきます。

誰かに立て替えてもらう

まずはあなたと関係が近しい家族や友人にスマホ代を立て替えてもらう方法です。

自分の管理能力の低さを露呈することはしんどいかもしれませんが、スマホ代を払えずに強制解約になるよりは一時的に誰かに立て替えてもらう方がマシです。

立て替えてもらった料金は、必ず返金することを約束し立て替えてもらいましょう。

極限までスマホ代を安くする

次に現在のスマホの契約を見直し、極限までスマホを安くする方法です。

大手通信キャリアの場合、毎月のスマホ代が8,000円〜13,000円ほどかかります。

今後の支払いのことも考慮し、早い段階から毎月安いスマホ代で契約できる通信キャリアに契約を切り替えましょう。

例えば、NTTドコモのサブブランドである「ahamo」や楽天モバイルの「楽天モバイル」であれば、毎月のスマホ代を劇的に抑えることができます。

アハモVS楽天モバイルの写真

【徹底比較】ahamoと楽天モバイルはどっちがお得?【最新】

2020年12月7日

自主的にスマホを解約する

最後に最終手段ではありますが、自主的にスマホを解約する方法です。

この場合、家族や友人、職場の方からの社会的信用は失いますが、個人信用情報機関などの公的機関に社会的信用の低いというデータを残さずに済みます。

経済的に余裕ができたタイミングで、スマホを再契約すれば問題はありません。

スマホの最後の請求費用は、自分でなんとか捻出するか、誰かにお願いして立て替えてもらうようにしましょう。

解約したスマホ端末は、Wi-Fi環境でインターネットを利用できます。そのため、スマホを解約したからといってあなたの端末を処分する必要はありません。

【まとめ】スマホ代が払えなくなれば、信用を取り戻せない!

信用をなくす写真

今回は、「スマホ代が払えない時にまず取るべき3つの行動」をご紹介しました。

あなたがスマホ代を払えなくなれば、一気に社会的信用を落とすことになります。

そして、一度あなたが失った社会的信用は簡単に取り戻すことはできません。

そのため、スマホ代を滞納する・スマホが停止される状況は絶対に避けるべきです。

現在あなたが来月や再来月のスマホ代が払えなくて困っているなら、まずは今できる行動だけをとっていきましょう。

スマホ代が払えない時の行動
・誰かに立て替えてもらう
・極限までスマホ代を安くする
・自主的にスマホを解約する

上記の行動をとることによって、一時的にでもスマホ代を払えない状況を避けることさえできれば、あとは工夫次第で何とでもすることができるはずです。

ちなみに2020年に大手通信キャリアに参入した楽天モバイルなら、あなたが月内で一切データ通信をしなければ、毎月0円でスマホを契約することができます。

楽天モバイル UN-LIMIT VI
月額料金 *2,980円
データ容量 無制限(楽天回線)
通話料 アプリ利用で無料
提供エリア 楽天4G&5G

(*1GBまで無料、1〜3GBまで980円、3〜20GBまで1,980円/月)

データ容量 月額料金(税抜)
0〜1GB 無料
1GB〜3GB 980円
3GB〜20GB 1,980円
20GB以上 2,980円

特に現在SIMフリースマホをご利用中の方なら、余計な端末費用をかけずに、簡単に楽天モバイルに乗り換えることもできます。

とにかく極限までスマホ代を安くしたい方にとって、まず契約すべきスマホとして「楽天モバイル」はぴったりです。