テレワークに最適なインターネット回線3選と正しい回線の選び方!

テレワークに最適なネット回線
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で営業マンをしているひかるです。

これまでにあまり耳にする機会がなかった「テレワーク」という言葉。

しかし、2020年の新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、最近はテレワークや在宅勤務を積極的に実施する企業が増えており、今では「テレワーク」という言葉に一種の馴染みを覚えるようになりました。

そして、あなたがご自宅や外出先からテレワークを実施する時に最も重要になるのが、あなたが実際に仕事をする時の「インターネットの環境」です。

今後テレワークがスタンダードになってくる将来を見据えて、今テレワーク時の快適なインターネット環境を用意しておくことは、とても重要な行動になります。

本記事では、都内の通信会社で営業として働く筆者が「テレワークに最適なインターネット回線3選と回線の正しい選び方」についてわかりやすくご紹介します。

あなたがテレワークされる状況に応じて最適なインターネット回線をご紹介します。

テレワークに最適なネット回線は?

  1. ギガWi-Fi  データ容量、速度◎
  2. ポケットモバイル  月額3,380円
  3. NURO光  ソニーの超高速回線

テレワークとは、勤労形態の一種でインターネットを活用し、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態のことを指します。(Wikipediaより引用)

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、移動中に行うモバイルワーク、サテライトオフィスなどの施設利用型テレワークなど様々な働き方の総称を「テレワーク」と呼んでいます。

令和元年に総務省が発表した「令和元年通信利用動向調査」によると、令和元年時点では日本国内の従業員数100人以上の企業でテレワーク導入率は約20.2%でした。

そして、2020年5月の東京都の発表によると、東京都内の従業員数30人以上のテレワーク導入率は約62.7%という結果でした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、インターネットやスマホが普及した現代において、世界的に政府や大企業を中心に急速なテレワーク化が進んでいます。

今後テレワークは加速して、最終的には多くの企業がテレワークを導入するような時代がくることも十分に予想ができます。

テレワークを実施することは、企業と個人それぞれにメリットが生じます。

テレワークがもたらす企業のメリット

・業務効率化
・コスト削減
・業務のデジタル化

テレワークがもたらす個人のメリット

・勤務時間の短縮
・通勤のストレス削減
・プライベート時間の確保

上記の通り、テレワークは企業と個人の双方向にメリットがあることから、今後もますます普及していくはずです。

そして、テレワークの拡がりに伴い、テレワークにおけるインターネット回線の存在はかなり重要なものになってきます。

家庭や外出先で、安定したインターネット接続が求められる時代へ突入しています。

テレワークに最適なインターネット回線3選

インターネット回線の写真

テレワークでは、WEB会議に参加したり、会社のサーバーにアクセスしたり、会社独自のシステムを利用したり、様々なインターネットの利用シーンが想定できます。

そのため、様々な仕事のシーンを想定し、あなたにとって利便性が高いインターネット回線を契約することが好ましいです。

しかしながら、一口にインターネット回線と言っても、あなたがテレワークを実施する環境や状況によって、やはり最適なインターネット回線は異なります。

今回は都内の通信会社に勤める筆者がテレワークに最適と思うインターネット回線を3つ厳選し、ご紹介していきます。

テレワークに最適なネット回線は?

  1. ギガWi-Fi  データ容量、速度◎
  2. ポケットモバイル  月額3,380円
  3. NURO光  ソニーの超高速回線

1つずつサービス紹介していきます。

ギガWi-Fi

ギガWi-Fiの写真
ギガWi-Fi
月額料金 3,380円(税抜)
データ容量 100GB
契約期間 2年
特徴 ・大手キャリアの通信回線

・最短即日発送

・通信速度制限なし

まず外出先でのテレワークが多い方は、「ギガWi-Fi」が1番お得です!

大手3キャリアの回線を場所・時間帯・利用状況に応じて自動的に割り当て、利用することができるため、基本的にインターネットは安定して接続することができます。

ギガWi-Fiは、次世代の通信技術「クラウドWi-Fi」によって、SIMカードの制限エリアに制限されない仕組みとなっています。

海外滞在先でもSIMの差替が不要で、電源を入れるだけですぐにインターネットを使えるので、仕事で海外によく行く方にとっても最適なインターネット回線です。

ポケットモバイル

ポケットモバイルの写真
ポケットモバイル
月額料金 3,380円(税抜)
データ容量 100GB
契約期間 2年
特徴 ・大容量100GB

・通信速度制限なし

・業界最安値

同じく外出先でのテレワークが多い方は、「ポケットモバイル」もおすすめです!

通常のWi-Fiルーターの場合、高速通信の利用に1日3GBや3日10GBなどの制限がありますが、ポケットモバイルは一切の速度規制がなく、安心して動画やゲームなど大量のデータを利用することができます

ギガWi-Fiと同様、海外の滞在先でもSIMを差し替えずに、電源を入れるだけでインターネットを利用することができます。

NURO光

NURO光の写真
NURO光
月額料金 4,743円(税抜)
データ容量 無制限
契約期間 2年
特徴 ・最大2Gbps

・SBスマホとのセット割あり

・超高速光回線

ご自宅でテレワークをする機会が多いなら、数ある光回線の中でもトップクラスの通信速度を誇る「NURO光」が最適です。

NURO光は、ソニーグループが提供する自宅に引き込むタイプの超高速光回線です。

一般的なフレッツ光回線の平均速度は30〜80Mbpsですが、NURO光は200〜400Mbpsと圧倒的な通信スピードを誇ります。

またあなたがソフトバンクのスマホユーザーなら、ソフトバンクスマホとのセット割を適用することもできます。

ご自宅の光回線がNURO光なら、プライベートで夜に映画を観たり、動画をダウンロードしたりも楽チンになります。

テレワークに最適なインターネット回線の選び方

チェックリストの写真

テレワークのインターネット回線は、以下の基準に沿って選ぶことを推奨します。

テレワークでのインターネット回線の選び方のパターン
・1人暮らしで外出多め
ポケットWi-Fi
・1人暮らしで自宅多め
光回線
・家族と同居
光回線
・家族と同居で外出多め
ポケットWi-Fi+光回線

上記のように、あなたの生活スタイルや生活環境に応じて、最適なインターネット回線を契約していきましょう。

あなたが1人暮らしでテレワークが多い場合は、毎月利用するデータ通信量や外出する頻度に応じて、「ポケットWi-Fi」か「光回線」にするかを決めましょう。

あなたが家族や恋人と一緒に住んでいる場合は、インターネット接続の安定度(※複数人接続時の)を重視すべきなので、やはり「光回線」を契約した方が良いです。

その上で外出が多い場合には、光回線とポケットWi-Fiの「ハイブリッド型」で契約をすることをおすすめします。

「在宅勤務やテレワークに最適な光回線TOP5」については、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。

在宅勤務の写真

在宅勤務・テレワークに最適な光回線は?プロがTOP5を厳選!

2020年8月4日

安定したインターネット回線でテレワークを満喫しよう!

スムーズなテレワークの写真

今回は、「テレワークに最適なインターネット回線3選と回線の正しい選び方」について詳しくご紹介しました。

「備えあれば憂いなし」という諺にもあるように、普段からテレワークできる準備をしておけば、いざという時に何も心配なく、スムーズに仕事に取り組めます。

テレワークで利用するインターネット回線は、あなたの生活スタイルや生活環境に応じて選ぶようにしましょう。

また昨今は厚生労働省からのテレワークに関する助成金の支援制度もあり、テレワークを導入する企業が急増しています。

助成金支援制度などの日本政府の動きにも注視しつつ、今のうちからいつでもテレワークできる環境作りをしましょう!

テレワークに最適なネット回線は?

  1. ギガWi-Fi  データ容量、速度◎
  2. ポケットモバイル  月額3,380円
  3. NURO光  ソニーの超高速回線