月々のスマホ料金の相場は大体どのくらい?【倹約家必見】

スマホ料金の相場
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で営業マンをしているひかるです。

「毎月のスマホ代が高く感じるけど、みんなはどのくらい払っているんだろう?」

いつも当たり前に支払っているスマホ代だけど、ふと「自分が支払っているスマホ代が高いんじゃないか?」と感じた経験がある方は一定数いらっしゃるはずです。

スマホ代は毎月支払う必要があるため、スマホの料金相場を知り、少しでも安くスマホ代を抑えることは大切な考え方です。

そこで本記事では、都内の通信会社で営業として働く筆者が「月々のスマホ料金の相場」について詳しくご紹介します。

ちなみに現在の筆者は、毎月使うデータ容量に応じて段階的に月額料金が決まる「楽天モバイル」を愛用しています。

楽天モバイルは全くデータ容量を使わない月には、スマホ代が0円になることもあるので、筆者のような倹約家にとっては最適でとても魅力的なスマホです。

楽天モバイルは、大手キャリアでも最安値の料金プランで、他社乗換時に解約金がかからないため、毎月のスマホ代が高いと感じる方がまず契約したいスマホです。

>>楽天モバイルの公式HPはこちら

費用の写真

スマホの毎月の支払い料金相場は、主に以下2パターンに分かれます。

スマホ料金のパターン
・大手キャリアの場合
・格安スマホの場合

1つずつ解説していきます。

大手キャリアの場合

まずNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクなどの大手キャリアの契約の場合、毎月のスマホ代は約7,000円〜12,000円かかります。

家族割や光回線割などのお得な割引キャンペーンを活用すると、もう少し安くすることができますが、基本的には7,000円以上の固定費がかかることが多いです。

またあなたが購入したスマホ端末を月々の分割払いに設定をしていれば、さらに毎月のスマホ代は高くなっていきます。

とはいえ、2020年に楽天モバイルが大手キャリアに参入したことにより、価格競争が起こり、今後徐々に大手キャリアのスマホ料金が下がることは間違いありません。

詳しくは、こちらをご参照ください。

日本のスマホ料金が高い写真

日本のスマホ料金は高い?総務省が料金値下げを求める本当の理由

2021年1月12日

格安スマホの場合

次にYモバイル・UQモバイル・LINEモバイル・nuroモバイルなどの格安スマホの契約の場合、毎月のスマホ代は約1,000円〜5,000円でおさまることが多いです。

格安スマホや格安SIMサービスは、「多少通信速度が遅くても、全く気にならない。」「とにかく固定費を抑えたい。」ユーザーを中心に多く加入しています。

筆者自身も5年前にauから楽天モバイル(当時の格安スマホ)に乗り換えたことがあり、当時は毎月のスマホ代を約9,000円から約2,000円に抑えることができました。

ちなみに当サイトでは、最もお得な格安スマホ・SIMサービスとして、「nuroモバイル」を紹介しています。
nuroモバイルの写真

nuroモバイルのメリット・デメリットは?速度や料金は?

2021年1月21日

月々のスマホ料金が高くなる3つの原因

5Gスマホの販売状況の写真

月々のスマホ料金が高くなるのには、主に3つの原因があります。

月々のスマホ代が高くなる原因
・データ通信量が多い
・オプションに加入している
・通話料が高い

1つずつ解説していきます。

データ通信量が多い

まず毎月のスマホ代が高くなる原因として、あなたが契約しているキャリアのデータ通信量が多いことが考えられます。

例えば、毎月5GBのデータ通信量の契約と毎月50GBのデータ通信量の契約では、月額料金には雲泥の差が生まれます。

まずは必要以上のデータ通信量を契約していないかを確認してみましょう。

オプションに加入している

次に毎月のスマホ代が高くなる原因として、無駄なオプションサービスに加入していることが考えられます。

特に最新のスマホ情報に疎いシニア世代を中心に無駄なオプションサービスに加入していることが多い傾向にあります。

例えば、とある格安スマホでは「端末補償サービス」に月額550円、「国内5分かけ放題」に月額1,100円かかります。

無駄なオプションサービスに加入していないかを確認してみましょう。

通話料が高い

最後に毎月のスマホ代が高くなる原因として、通話料が高いことが考えられます。

こちらも特にスマホに疎いシニア世代を中心に普段の通話料が高くなりがちです。

最近は毎月の通話料を節約するために、LINEやメッセンジャーなどのメッセージアプリで無料通話をする方が多いです。

毎月の通話料が高くなる方は、フリーWi-Fi環境などでアプリ通話を活用しつつ、毎月のスマホ代を節約していきましょう。

乗り換え一つで月々のスマホ料金は圧倒的に安くなる!

大手キャリア5G開始時期の写真

月々のスマホ料金は他社に乗り換えるだけで、劇的に安くすることができます。

現在大手キャリアでスマホを契約している方は、格安スマホに乗り換えるだけで、毎月のスマホ代を2分の1or3分の1近くコスト削減を実現することができます。

すでに格安スマホを契約している方は、無駄なオプションサービスを削ったり、今よりも安い格安スマホに乗り換えることでコスト削減が実現できます。

ここで確実に言えることは、現在大手キャリアを契約している方は、大幅にコスト削減をすることができるということ。

他社スマホに乗り換えて毎月浮いたお金は、あなたが毎月自由に使える可処分所得にすることができます。

あなたが現在「毎月のスマホ代が高い」と感じているなら、今この時がまさに“スマホを乗り換えるタイミング”です。

確実にスマホ料金を抑えたい方が、まず契約すべきキャリア

楽天モバイルの写真

今回は、「月々のスマホ料金の相場」について詳しくご紹介してきました。

現在大手キャリアに契約中の方の毎月のスマホ代は約7,000円〜12,000円、格安スマホに契約中の方の毎月のスマホ代は約1,000円〜5,000円でおさまることが多いです。

そのため、現在大手キャリアに契約している方が「毎月のスマホ代を抑えたい」という場合は、まずは格安スマホ・SIMに乗り換えるのが1番手取り早いです。

しかしながら、格安スマホや格安SIMサービスは大手キャリアよりも「通信速度が遅い」ことが最も懸念されます。

もしあなたが通信速度が速くて、月額料金が安いスマホをお探しなら、まず契約したいスマホが「楽天モバイル」です。

楽天モバイル UN-LIMIT VI
月額料金 *2,980円
データ容量 無制限(楽天回線)
通話料 アプリ利用で無料
提供エリア 楽天4G&5G

(*1GBまで無料、1〜3GBまで980円、3〜20GBまで1,980円/月)

データ容量 月額料金(税抜)
0〜1GB 無料
1GB〜3GB 980円
3GB〜20GB 1,980円
20GB以上 2,980円

楽天モバイルはあなたが月内で使うデータ容量に応じて毎月のスマホ代が決まり、あなたがデータ容量を使いすぎても月額2,980円を上回ることはありません。

またあなたが普段から楽天グループのサービスを利用しているなら、スーパーポイントアップが適用でき、普段よりも楽天ポイントが貯まりやすくもなります。

毎月のスマホ代を安く抑えつつ、通信品質も確保したい方が、まずはじめに契約すべきスマホが「楽天モバイル」です。

楽天モバイルは最低契約期間や違約金が一切なく、他社乗り換え時の手数料もかからないので、間違いなく安心してサービスを利用することができるはずです。