結局iPhoneとAndroidの違いってなに?選び方も伝授

iPhoneとAndroidの写真
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で働くTOP営業マンのひかるです。

「結局のところ、iPhoneとAndroidの違いって何なの?」

普段なんとなくスマホを選んでいるけど、実は”iPhoneとAndroidの違い”を知らないという方は結構多いはずです。

ちなみに筆者は元々Apple信者でiPhoneスマホユーザーでしたが、Androidの良さを知ってからAndroidスマホに乗り換えた経緯があります。そのため、どちらの端末の良さも知っている自負があります。

本記事では、都内の某通信会社で営業マンとして働く筆者が「iPhoneとAndroidの違い」についてどこよりもわかりやすく解説していきます。

現在iPhoneスマホかAndroidスマホかで迷われている方は、ぜひご覧ください。

違いの写真

iPhoneとAndroidの違いは、以下の通り。

iPhone Android
端末 フラッグシップ ハイエンド
指紋認証 ×
顔認証
無線充電
音声認識 Siri Google
SDカード ×
デュアルSIM ×
重量
決済

上記の機能表だけをみると、Androidの方が機能が充実しています。

しかし、Androidはメーカーやシリーズによって、機能の充実度に差があります。

また最近のスマホは新しい機能がどんどん搭載されているので、iPhoneもAndroidもそこまで機能差はありません。

iPhoneとAndroidの決定的な違いを一つあげるなら、「端末の価格帯」です。

iPhoneは高い価格帯の端末を取り揃えており、一方でAndroidは安い価格帯の端末を中心に取り揃えています。

価格帯の違いは、両社のスマホ販売戦略に大きな違いがあると言えるでしょう。

iPhoneがAndroidより優れていること

iPhoneの写真

iPhoneがAndroidより優れていることは、主に3つあります。

・操作しやすい
・価値が下がらない
・高いセキュリティ

1つずつ解説していきます。

操作しやすい

世の中にiPhoneを生み出したスティーブ・ジョブズは、“直感的に操作できるスマホ開発”を優先しました。

そのため、iPhoneは何と言っても直感的な操作ができることが最大の魅力です。

これからもiPhoneは直感的に操作できるスマホ開発を優先していくことでしょう。

価値が下がらない

iPhoneには、資産性があります。

Androidと比較し、iPhoneは売却する時の値段が高くなる傾向にあります。

そのため、端末の乗り換えが発生した時にiPhoneを売却すれば、売却益を次の端末を購入する費用に充てることができます。

高いセキィリティ

スマホのセキュリティリスクとして、スマホアプリがあげられます。

iPhoneのApp Storeは、審査がとても厳しく、悪意のあるアプリが存在しません。

一方でAndroidのGoogle Play Storeは、審査が甘く、時々偽物アプリなどの悪意のあるアプリを見かけます。

iPhoneの方が高いセキュリティが担保されているため、安心して利用できます。

AndroidがiPhoneより優れていること

Androidの写真

AndroidがiPhoneより優れていることは、主に3つあります。

・カスタマイズしやすい
・決済が充実
・持ち運びしやすい

1つずつ解説していきます。

カスタマイズしやすい

Androidは、スマホのホーム画面のデザインを変更したい、便利にスマホを使えるようにしたい時に自分好みでカスタマイズしやすいという特徴があります。

iPhoneと比較すると、Androidはカスタマイズできる幅が大きいです。

決済が充実

iPhoneはApple Pay、AndroidはGoogle Payに対応しています。

Google PayはApple Payよりも提携している電子マネーが多いので、決済方法はGoogle Payが充実しています。

現金を持ち歩かない方にとっては、「Google Pay」が最適だと思います。

持ち運びしやすい

iPhoneは、重厚感があり、重たいイメージがあると思います。

一方Androidは、端末の種類が豊富で端末が小さくて、薄くて、軽いものが多いです。

持ち運びしやすい端末の種類が豊富なのが、Androidの魅力です。

スマホのコスパを求めるなら、Android一択

アンドロイドの写真

iPhoneとAndroidの決定的な違いは、「端末の価格帯」です。

そのため、圧倒的なコストパフォーマンスを求めるなら、Androidを選ぶことをオススメします。

なぜなら、iPhoneもAndroidもスマホとしての機能差はそこまでないからです。

実際に筆者もが信者の時代は、10万円近くするiPhoneを購入し、使っていました。

しかし、Androidのスペックも高いと気付いてから、Androidに乗り換えると、たった3万円で機能性も満足できるAndroidを手に入れることができました。

どうしてもiPhoneでなくてはならない方はiPhoneのままで良いと思いますが、Androidに乗り換えようと迷われている方は思い切ってAndroidにしても良いと思います。

ちなみに現在の筆者はOPPOの「Reno A」というAndroid端末を愛用しています。

iPhoneとAndroidの選び方

選び方の写真

今回は、「iPhoneとAndroidの違い」について紹介してきました。

iPhoneもAndroidもどちらにも強みがあり、魅力的な点が多いです。

だからこそ、私たちはスマホ選びに悩んでしまうのかもしれません。

そのため、以下のような基準でスマホ選びをされることをおすすめします。

iPhoneがぴったりな人
・直感的に使いたい
・Apple製品が好き
・信頼性が高い
Androidがぴったりな人
・スマホをカスタマイズしたい
・コスパ重視
・スマホは軽量が良い

正直に申し上げると、iPhoneとAndroidは、機能の差はあまりありません。

しかしながら、端末の価格帯には大きな差があります。

だからこそ、自分の好みにあっているかを見極めつつ、自分にとって最適なスマホ端末なのか?を検討すべきだと思います。

「スマホの大手通信キャリアの契約先」を迷われている方は、こちらの記事もぜひご参照ください。

5Gスマホのキャリアの写真

5Gスマホはどのキャリアがおすすめ?大手4社の各プランを紹介

2020年10月27日