5Gが普及すると、光回線は不要になる?【結論、必要です】

5Gと光回線の写真
ひかる
こんにちは、都内の某通信会社で働くTOP営業マンのひかるです。

「5Gが普及すると、自宅で契約中の光回線は不要になるのだろうか?」

2020年に大手キャリア4社が5Gの提供を開始し、世間の注目を集めています。

5Gの特徴は、以下3つがあります。

5Gの特徴
・大容量接続ができる
・多数同時接続できる
・通信の遅延が少ない

特に「通信の遅延が少ない」という観点から「自宅で契約している光回線が必要ないのでは?」と感じる方も少なくないようです。

先に結論から申し上げると、「5Gが普及しても、光回線の契約は必要」です。

理由は、現状5Gは自宅用の固定インターネット回線としてのサービス開発がされておらず、あくまで外出先で快適にインターネットを利用するためのサービスだからです。

つまり、自宅専用の固定回線として、引き続き光回線は必要になります。

本記事では、都内の通信会社で働く筆者が「5Gが普及すると、光回線は不要になる?」について詳しく解説していきます。

5Gを契約すると光回線が不要になると考えられている方は、ぜひご覧ください。

5Gの特徴の写真

5Gには、主に3つの特徴があります。

5Gの特徴
・大容量通信ができる
・多数同時接続できる
・通信の遅延が少ない

1つずつ解説していきます。

大容量通信ができる

5Gでは大容量通信を実現できます。

高い周波数を活用した通信となるため、4Gの通信速度の約100倍の速度となります。

これまで4G・LTEのスマートフォンの場合、アプリが途中で切れたり、動画や映画をダウンロードするのに時間がかかってましたが、そういったことが一切なくなります。

多数同時接続できる

5Gでは多数同時接続を実現できます。

5Gでは利用用途に応じてネットワークを分割する「ネットワークスライシング」技術の発展により、4Gの約10倍の端末同時接続数が実現できます。

スタートフォンだけではなく、家電や車などあらゆるものがインターネットに繋がる時代に向けて、着々と準備が進んでいます。

通信の遅延が少ない

5Gでは通信速度遅延が発生しにくいです。

4Gでは音や画像のズレが発生していましたが、5Gでは無線インターフェイスの改善により速度遅延が発生しなくなりました。

通信速度を気にすることなく、音楽や動画、アプリを楽しむことができます。

5Gの通信速度

2021年1月時点で5Gのユーザー数は少なく、5Gの通信速度の平均値はわかりませんが、一部ユーザーがインターネット上に公開している情報を参考にしてみます。

5Gを利用しているユーザーがいる地域やアンテナの環境によって通信速度は異なりますが、現状5Gの通信速度の実測値は約220〜840Mbpsということがわかります。

4Gの通信速度ははやくても30Mbpsほどしか出ないので、5Gは非常に通信速度がはやいサービスであることがわかります。

5Gが普及すると、光回線は不要になる?

5Gと光回線の写真

5Gが通信速度がはやいサービスであるため、”5Gを契約すると光回線が不要になる?”と考える人は少なくありません。

改めて結論を申し上げると、「5Gが普及しても光回線の契約は必要」です。

「5Gが普及しても光回線が必要な理由」は、主に以下4つが挙げられます。

光回線が必要な理由
・5Gの電波の範囲は狭い
・5Gは通信が安定しない場合がある
・5Gには通信制限がある
・光回線の速度もはやくなっている

まず5Gは電波を遠くに飛ばせるサービスではないため、光回線のように自宅の広い範囲でインターネットを利用できません。

そのため、今後5Gがいくら普及しようと自宅で利用するインターネットは光回線のような「固定回線」が最適になります。

最近は「NURO光」のような“通信速度の速さ”に特化した光回線が登場してます。

今後も光回線のスペックがグレードアップしていくのは言うまでもありません。

「通信速度が速い光回線」について知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

光回線の速度ランキング

光回線の通信速度比較ランキング!【通信のプロがTOP5厳選】

2020年10月15日

光回線を解約し、5Gに1本化すべきでない理由

5G一本化にすべきではない写真

現時点で光回線を解約して、契約を5Gに一本化することはおすすめできません。

理由は、光回線は家庭(固定)用インターネット、5Gは外出(モバイル)用インターネットと利用用途が大きく異なるからです。

特に自宅でインターネットを利用する場合、5Gでは弱点である障害物を避けることができず、接続が不安定になりやすいです。

5Gは外出先では通信速度が安定しやすいですが、障害物が多い家庭内では通信速度が不安定になりやすいです。

最近はIoT搭載の家電製品が増えています。自宅で安定したインターネットに接続するためには、やはり光回線の契約が必要です。

【まとめ】当面は、5Gと光回線のハイブリッド型が最適!

5Gと光回線の写真

今回は、「5Gが普及すると、光回線は不要になる?」について解説してきました。

5Gは電波の範囲が狭く、障害物に弱い特徴があります。そのため、5Gの通信速度がはやいからといって、一概に光回線が不要になるわけではありません。

むしろ、今後光回線は光回線でIoT対応の家電製品に十分対応できるような品質の高いサービスが求められていきます。

5Gは外出先でのインターネット接続、光回線は自宅でのインターネット接続とそれぞれの役割分担があります。

今後の通信サービス契約は、「5G×光回線」の組み合わせが主流になってきます。

これから5Gを契約する方は、現在契約中の光回線はそのままで「快適なインターネット生活」を過ごされることを推奨します。

5Gスマホのキャリアの写真

5Gスマホはどのキャリアがおすすめ?大手4社の各プランを紹介

2020年10月27日